木(竹)酢液の使用方法と使用上の注意事項

1.皮膚へ塗る場合
部分的に使用する 原液又は2〜3倍に希釈した液を脱脂綿等に湿らせて塗る
水虫の場合は、足全体が入る容器に木(竹)酢液の原液を入れ足を浸す
体全体に使用する 入浴時に浴槽のお湯にキャップ1〜2杯を入れ薄めて入る
※ 木(竹)酢液は、医薬品ではありませんのでご了承ください。また使用していて異常が生じた場合は使用をやめ医師に相談してください
2.農作物・花卉類への使用

 

 
花を美しく咲かせる 約300倍〜500倍に薄めて月3回程度を目安に散布
野菜・果実の甘味を増やす 幼木・新芽の時期は、約1000倍に薄めて散布
収穫量を増やす
土壌を改善 約1000倍に薄めた液を散水として使用
栄養補給


3.観葉植物・切花への使用
・室内の鉢植え植物に1000倍に薄めた液を使用すると植物が生き生きとなります。
・切花を500〜1000倍に薄めた液を入れた花瓶に切花を生けると水揚げが良くなり、水も長持ちします。


4.使用制限
・木(竹)酢液は、酸性(PH3)ですのでアルカリ性の農薬・肥料と混ぜて使用しないでください。
・アルカリ性の農薬や肥料を散布した後木(竹)酢液を使用する場合は、約2週間空けてください。


5.保管方法その他
・直射日光の当たらない場所に保管
・幼児や子供やペットの手が届かない場所に保管
・保管容器は、金属製のものを使用しない。
 (金属容器ですと木酢液に反応し穴が開きます。プラスチックやガラスの容器で保管)
・誤って飲んだ場合は、速やかに水を飲ませてください。その後必要でしたら医師の診断を受けてください。
・使用後の空容器は、リサイクルにはできません。



トップページへ戻る